2020/08/28 23:50

いつもご愛顧ありがとうございます。


さて今回はティピーテントシマロンやレッドクリフに必要なシームシールのオススメの方法をご紹介します。


シェルター・タープの防水性をより向上させる為に、シームシールを実施していただく事は非常に重要です。


皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます。



米国メーカーではシェルターを吊り下げたり、テントを設営した状態でシームシールを推奨しておりますが、シェルターを長時間吊り下げるとコーンが傷んでしまったり、シェルターにテンションがかかっていない為、非常にシーム処理がしづらいというデメリットがありました。



そこで今回オススメする方法は、卓上でシーム処理をする「置き作業」です。


この置き作業であれば、机や廊下など奥行きが50cm、長さは2mあれば、シームシールが誰でも簡単に且つ綺麗にできます。









〜オススメの加工方法〜


まずはじめに刷毛や筆、パレット代わりにダンボール等の切れ端、乾いた布(端切れ)シームシーラー、そしてシェルターを用意します。


今回はダイソーで100円で購入した筆を使用します。




1.ナップザックからテントを取り出します。




2.巻物を広げるようにシェルターを広げます。(シェルターは裾まですべて広げます)







3.シェルターを広げたらコーン下からシーム(縫い目)にシームシーラーを塗布していきます。

おすすめは、シームシーラーを直接シェルターへ塗布せず、ダンボールや厚紙等のパレットを使って刷毛で塗布することで綺麗な仕上がりにできます。



※ストーブジャックやコーンは最後にまとめてシーム処理するのがおすすめです。




ストーブジャックは一旦飛ばして裾までシーム処理をしていきます。




4.ガイライン用ループには引っ張る力や負担が掛かる箇所なので、裏側にもしっかりシーム処理してください。




シーム処理をすると糸のほつれ防止にもなります。





5. ↓画像のように1本縦ライン(縫い目)にシーム処理が終わったら乾燥させます。




6.出来る限りこの「置き」の状態をキープしながら別箇所の縦ライン(縫い目)を同様にシーム処理→乾燥→シーム処理と繰り返します。


※2〜3本シーム処理→乾燥→2〜3本シーム処理→乾燥させると約3回ほどですべて縦ラインのシームシール加工が可能です。

(シマロン/メインの縦ライン5本、レッドクリフ/メインの縦ライン9本)



7.ストーブジャックまわりとコーンのシームシール処理したら完成です!




最後におまけです。


〜コーンのケア方法〜


手軽にコーン部の防水性を高めるには、Collonil(コロニル)の協力防水スプレー(カーボンプロ)がおすすめです!

コーンに折れ目がついたり傷んでしまうと撥水性が落ちてしまうことがあります。

そこでコーンに防水加工をすると撥水加工に比べ(素材が水を通さないようにするため)効果が長く持続します。


1.カーボンプロを2〜3秒コーンにスプレーします。




2.次に刷毛で生地にしっかり馴染ませ、乾燥させれば完成です!







SEEK OUTSIDE(シークアウトサイド社)のシェルターの重要な縫合部分はダブルステッチになっており、縫針や糸の選定等により雨の侵入を妨げる様に工夫されています。

しかし、一晩中、比較的強い雨が降り続いた場合、素材自身は高い耐水または防水の特性をもってはおりますが、針穴または貫通した糸を通じて雨水の侵入する可能性があります。


<乾燥時間、収納について>

いずれの場合も乾燥するまでに1〜2時間、完全に乾燥するまでには約24時間程度かかります。乾燥後に収納する際はシームシーラーの粘着性で生地が癒着しない様にタルカムパウダ−をシームシールした部分に塗布してから収納してください。


<結露と雨漏り>

結露(けつろ)とは、シェルター内側の幕面に、シェルター内部の水蒸気が凝縮する現象のことです。体温や発汗、地面からの水蒸気拡散等によりシェルター内の温度と湿度が上昇した場合、幕面で外気に触れて冷やされたシェルター内の水蒸気が凝縮して水滴と成ります。いかなるシェルターもこの結露を完全に防ぐ事は不可能と言われています。結露を防ぐにはシェルター内外の気温や湿度の差を無くす事しかありません。つまり換気を良くするという事です。また、結露防止スプレーや扇風機で湿気を飛ばしたり、結露防止シート等による対策も効果的です。雨が降っている際は、結露なのか雨漏りなのか区別がつかなくなる場合もあります。結露を完全に防ぐには専用のインナーライナーをインストールしていただき、二重構造にアップグレードしていただくのが最も効果的です。